産まれました♪

d0221104_317125.jpg

ご報告がずいぶん遅くなりましたが…
2011年7月11日(月) 予定日より15日遅れて、無事に女の子が産まれました(^^)
10:30に促進剤を始め、13:00頃から陣痛が始まり、前向きになっていてなかなか出てこなかったので、吸引してもらって16:39に産まれました。

無事に産まれてくれて本当に安心したのと、なんとも言い表せない幸福感。
支えてくれている家族やお友達、そして先生や助産婦さんみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。産まれるところが見たいと言っていた息子は、ほんのちょっと間に合わず、しばらく残念がってました。産まれたばかりの妹を見て、息子も娘も『可愛い~♥ ちっちゃーい♥』と見入ってました。

最初は吸引の跡が痛々しく感じたのですが、なんとなく太陽のマークのようにも見え、頑張った証?のようにも思えたりして(笑)

産院の依頼で、未来の助産婦さんが5名ほど見学されました。
自分の中では、いろいろハプニングありの出産だったけれど、妊婦さんが頑張っている姿を実際に見せていただけて本当に勉強になりましたと言っていただけて、何らかのお役に立てたのかなと…見学してもらって良かったです(*^^*)

入院中は主人が仕事を休んで、家事や子供たちの事をしてくれました。
大変だったと思いますが、いつも忙しくて子供たちと過ごせないから一緒にいられるのが嬉しいんだよと言ってくれた主人。そのおかげで安心して病院でゆっくり体を休めることができました。本当に感謝しています。
ママっ子で私としか寝なかった娘も、病院から帰る時に涙が出ちゃうことはあったけど、主人と寝れるようになったし、ちゃんと幼稚園にも行けたし、ずいぶんお姉ちゃんになったなぁと感じました。

大変だったのは退院してから。
母に2週間程うちに泊まって手伝ってもらうようお願いしていたのですが、2泊3日で帰ってしまったのです。理由は主人が夏休みに入るから大丈夫かなって...
夏休みとはいえ先週主人は夏期講習の仕事が入っていたので、ほとんど家事は私がしなくてはいけなくて、体を休めたくても休んでなんていられませんっ。
しかも23日の夏祭りの後、息子が熱を出し、息子が治ったら娘が熱を出し、娘が治ったら最後に私が熱が出てしまい、本当に辛い1週間でした(><)

母が帰ってしまい、主人も仕事だと話したら、techiちゃんやご近所のお友達が、おかずになる食材を差し入れしてくれたり、夕食を作ってもってきてくれました…本当にありがたくて涙がでちゃいました。他にも息子を児童館に誘ってくれて、送り迎えをしてくれたり…本当に感謝感謝です。

私が熱が出た金曜日、ちょうど母がおじさんとおばさんと一緒にうちに来てくれたので、頭痛も喉の痛みも関節痛もあって体調が本当に悪くて、母たちが来るまで寝ていたと、熱の出始めかもしれないと話したのですが、いつでも必要な時は連絡してねと帰っていった母…
おばさんの車に乗せてきてもらっていたので、手伝いや泊まりに来てくれたわけではないと分かっていたし、今手伝ってほしいんだけど…と思いながらも、残ってほしいと言えなかった私…情けないです。

母たちが帰った後、どうしてもしんどかったので熱を測ったら39度。そりゃしんどいはず。子供たちに事情を説明して寝ました。結局主人が仕事をキャンセルしてくれて子供たちを見てくれたので、次の日の朝までひたすら寝続けました。良く寝たら熱も下がり、食欲もでてきて、復活! 回復早くて良かったです(笑)

今週は主人の仕事が少し少なく、家にいてもらえる時間が増えそうなので、なんとか乗り切っていけそうです。少し横になって休む時間を取ろうと思います…

[PR]
by maintenant_RYA | 2011-08-01 04:46